痛散湯 値段

痛散湯 値段について解説します〜続ける際の商品価格について

スポンサーリンク

 

リウマチにも効果があり、神経痛や関節痛などの長引く痛みを改善してくれる痛散湯は再春館製薬所が販売している漢方を配合した医薬品です。

 

漢方というと煎じて飲む手間がかかりそうで敬遠している人もいるかもしれませんし、西洋薬に比べると馴染みがなく値段が高いのではないかと心配する人もいるのではないでしょうか。

 

無料のお試しからスタートできる痛散湯ですが、始めてみようと決意した後は値段が気になるはずですから、お試し前に、商品の値段や飲み方などの基本的な情報については知っておきたいものです。

 

ここでは痛散湯の値段と、お薬の飲み方について詳しく解説させていただきます。是非あなたが痛散湯を検討する上で参考にされて下さいね。

 

 

 

 

痛散湯の値段はタイプ別の2種類

 

再春館製薬所が満を持して販売する痛散湯には、煎じ薬と顆粒タイプの2種類があり、どちらか自分に合うものを選んで飲めます。

 

顆粒タイプは1.5gの1包が1回分となっており、30日分の90包が1箱に入って税込14040円、煎じ薬も1箱1ヶ月分ですが1日分となる1包は20gで30包入り、値段は税込みで12960円です。

 

1ヶ月分のお薬の値段が1万円以上ということで少し高いと感じる人もいるかもしれませんが、1日分にすると約400円ほどでコーヒー1杯の値段とほとんど変わらなくなります。

 

痛散湯は痛みを抑えるだけではなく痛みが出にくいように体の内側から働きかけるお薬なので、飲み続けていれば嫌な痛みを完全に断つことができるかもしれません。そう考えると、1日に約400円というお薬の値段は決して高いものではありませんよね。

 

生活にも仕事にも支障がある関節痛やリウマチと一生付き合っていくのか、400円ほどの値段でツラい痛みから解放されるのか、どちらを選べば良いのかは明白ではないでしょうか。

 

 

飲み方がそれぞれ違うエキス顆粒タイプと煎じ薬タイプ

 

痛散湯の煎じ薬と顆粒薬の効果効能は同じなので、飲み続けられると思う方を選んで問題ありません。単純に値段で比較して安い方という事ですと、煎じ茶タイプになります。

 

外出が多い人なら持ち歩きしやすい顆粒タイプの方が便利でしょうし、どうしても顆粒薬が飲み下しにくいと思う人は煎じ薬の方が継続しやすいでしょう。顆粒薬はオブラートに包んで飲んでも良いですし、水やお湯に溶かして飲むこともできます。

 

煎じ薬は600mlの水に痛散湯を入れたものを20分ほど煎じて半量の300mlにしたものを3等分にして飲みます。漢方薬を煎じたことがある人なら特に難しい手順ではありませんし、初めての人でも失敗することはないでしょう。

 

また煎じ薬を初めて注文する場合は、IHコンロでも直火でも使える煎じ薬専用のやかんがプレゼントされます。最初に水を入れるための目盛りと、煎じた後の目安となる目盛りが付いているので、水の分量を量る手間も省けて便利です。

 

煎じ薬の包の取り出しやすさ、普段のお手入れのしやすさにもこだわって作られたやかんは、痛散湯の続けやすさにも繋がりそうですね。

 

スポンサーリンク

 

両方とも無料お試しして選べる安心の痛散湯

 

顆粒薬にも煎じ薬にも同じ効果が期待できる痛散湯は、値段や飲みやすさで選べますが値段はともかく飲みやすさについては実際に飲んでみないとわかりませんよね。

 

そんな人のために、痛散湯には無料の試供薬があり顆粒タイプと煎じ薬の両方を自分で飲んでから、どちらを購入するか決められます。

 

値段だけで選んで飲み続けられなかったというのでは、せっかくのお薬が無駄になってしまいます。痛散湯の飲みやすさ、続けやすさを自分の体で試したうえで、値段も含めて購入を検討しましょう。

 

無料試供薬は再春館製薬所の通販サイトから簡単に申し込めますし、詳しい飲み方や効果効能についても通販サイトに記載されています。

 

どんなお薬なのかを再春館製薬所のホームページで確認してからお試しを申し込むのも良いでしょう。また、お試しを申し込む時に症状について相談することも可能です。

 

顆粒タイプも煎じ薬も両方無料で試せるので、自分に合ったものがどちらかの判断もしやすいですね。痛みに悩んでいるのなら、まずはこちらから無料の試供薬で痛散湯を試してみると良いですよ。

 

 

痛散湯 値段について解説します〜続ける際の商品価格について関連ページ

痛散湯 成分の構成ってどうなっているの?調査結果を口コミします
『痛散湯は医薬品だから効果が期待できる』そう言ってしまえばそれまでなのですが、その効果の根拠となる、成分について深く理解しておきたいというのが本音だと思います。ここでは、痛散湯の成分について、実際に体験した私が解説します。
痛散湯って服用によって副作用が起こる?危険性を調査しました
痛散湯をお試しされるにあたって、副作用が発生するリスクについて把握しておきたい、そういった方も少なくないと思います。ここでは、痛散湯の副作用についてお話させて頂きたいと思います。
痛散湯 市販されているのかドラッグストアやスーパーを調べた結果
痛散湯を探しているんだけど、なかなかお店で見つからないなんて方も多いそうです。そこでここでは、痛散湯の市販状況について解説していますので、ぜひ購入の参考にされて下さいね。
『痛散湯 CM うざい』ってどういう事?疑惑のCMの内容とは
痛散湯の口コミを見ていると、ヤフーやグーグルで「痛散湯 CM うざい」なんて予測変換を目にすることがあります。果たしてこれはどういった意味があるのでしょうか。解説を行っています。
リウマチにも痛散湯は効果を発揮するの?疑問を解決!
リウマチにお悩みの方の中にも、痛散湯を検討されている方はいらっしゃるかと思います。果たしてリウマチにも痛散湯は効果を発揮するのか、調査結果をここでお話させて頂きます。
楽天やアマゾンの様な通販サイトでも痛散湯は販売されているの?
神経痛やリウマチを改善する効果があるとして知られている痛散湯は、ECサイトでの購入も可能なのでしょうか。アマゾンや楽天での取り扱いについて調べた調査結果を報告します。
痛散湯を製造・販売する会社である再春館製薬所とは
痛散湯を販売するのは再春館製薬所ですが、果たしてどの様な会社なのか、その実態を把握してから購入したいという方も多いかと思います。こちらでは再春館製薬所についてご説明しています。
痛散湯はツムラでも購入出来るの?真相について調査した結果とは?
痛散湯の口コミを調べていると、『痛散湯 ツムラ』とか『痛散湯 ツムラ78』といった予測検索を見かける事があります。もしかして、痛散湯は再春館製薬だけでなくツムラからも販売されているの?その真相について解説します。
痛散湯は病院でも処方されるって本当?口コミを徹底調査!
痛散湯の購入について検討していて調べているあなたでしたら、もしかしたら痛散湯が病院で処方される?なんて噂を口コミで見たことがあるかもしれません。私も同じで、大変興味を持ったので調べてみた所、ある真実を暴く事に成功したのです。